小熊 弥生

教育改革者

20才でTOEIC280点から英語を半年間で習得し英語主任講師となり、3年後に独自の「42ルール勉強法」で通訳者としてデビューする。以来25年間、同時通訳者として1万回以上世界と日本の橋を渡してきた。教育現場で指導されている英語が実態と違うことから、日本人はもっと英語ができるはずと英語維新活動を開始し、国内の学校・施設・企業で、英語が簡単にできる体験を提供している。敗戦後に失った日本人の誇りを取り戻し、思いやり文化を世界に伝えることで、世界を平和にできるというビジョンを掲げている。

PAGE TOP