安達 和宏

あだち珈琲代表

お茶店に生まれ、高校卒業後すぐ家業の茶販売及び水引細工(結納)の製造販売に就く。1999年一念発起、自宅庭にコーヒーの焙煎小屋を建て自家焙煎珈琲の取組みを始める。その後、生豆の買付けグループに参加し本格的にスペシャルティコーヒーを学び、マイクロロースターとして産地にも足を運び買付けを行う。COEカップオブエクセレンスの国際審査員としても参加し、生産者とのネットワークを構築するダイレクトトレードの先駆けとして、本物志向を実践する自家焙煎珈琲店を展開する。今が夢の途中!

【写真】

TEDxFukuoka2018
TEDxFukuoka2018


PAGE TOP