遠藤幹子

遠藤幹子 Mikiko Endo
一般社団法人マザー・アーキテクチュア代表理事

出産、子育てをしたオランダ留学の間に、良質なデザインが公共空間に広く展開される社会の豊かさに感動する。その経験から「大人から子どもまで、みんなが創造力を育める場づくり」をテーマに、公共文化施設や保育・教育施設などの空間デザインとワークショップを多数手がける。 また、国際協力NGOと共にアフリカの低所得者層に必要な保健施設を住民参加型で作るプロジェクトにも継続的に携わってきた。地域住民が建築プロセスに関わることでコミュニティが強化され、自立支援や持続可能な施設運営をうながすようなデザイン手法の開発に取り組んでいる。

ご応募は下記フォームよりお申込みください。
https://tedxfukuoka.com/3939-2/

 

PAGE TOP