イベントレポート:TEDxFukuokaWomen

皆さんこんにちは!

TEDxFukuokaWomen学生スタッフリーダーの齊藤です。前回のインタビューに続き、今回は「TEDxFukuokaWomen」イベント当日の様子をレポートいたします。

…第1部 オンラインセッション…

第1部はワシントンで行われている TEDxWomen のオンラインセッション。会場内でのディスカッションを取り入れながら、全7本のスピーチを視聴しました。

…第2部 ライブスピーカー登壇…

第2部は地元福岡のスピーカー5名の方が登場しました。

1:前田碧さん (株式会社ビデオ・ステーション・キュー / TNC「タマリバ!!」ディレクター)

Don’t be judgmental! Be strong,be yourself!

実際にアクションを起こした方だからこそ語れる「日本の常識」の破り方。前田さんの芯の強さには、女性としてとても惹かれるところがありました。

2:井上真智子さん (福津市商工観光課 商工・ブランド推進係)

新しい日常に、出会ってみませんか

福津市の取り組みに携わる井上さん自身の、何気ない日常をよりよくするアイデア。言葉のひとつひとつに溢れる温かみが、井上さんの人柄を象徴しているスピーチでした。

3:島津賢一さん (株式会社Jack Group代表取締役 / 花人)

ごちゃごちゃ言わずにまず経験してみよう!

島津さんの様々なチャレンジ体験を元に語る「経験」の大切さ。一体どんな経験をしてきたんだろう?とワクワクさせられるスピーチでした。

4:村山由香里さん (福岡県男女共同参画センター あすばる 館長)

「男は仕事、女は家庭」の考え方から解き放たれよう

統計データを元にした男女格差の実態と、それに対する提言。ひとつひとつの言葉をしっかりと噛み締める村山さんのスピーチにはさすがの貫禄がありました。

5:阿部桃子さん (筑紫女学園高等学校3年)

Girls, be ambitious!

会場内の誰よりも若い阿部さんが語ったのは「夢」と「志」。彼女自身の無限の可能性と、日本の明るい将来を感じさせるスピーチでした。

イベント終盤には餅つきパフォーマンスも行われました!

もし仮に、皆さんが登壇するとしたら、一体どんなメッセージを伝えますか?スピーカー5名の方々のように、人生をかけて伝えたいメッセージを皆さんは持っていますか?

今回はアイディアの受信者であった皆さんが、アイディアの発信者となった時、この「TEDxFukuokaWomen」を開催した本当の価値が生まれるのではないかと思います。

来年上旬にはいよいよ「TEDxFukuoka」が開催されます。今回以上に多くのアイディアを広げ、そして多くの価値を生み出す場になるようスタッフ一同全力を尽くしていきますので、どうぞご期待ください!

最後になりましたが、ご登壇いただいた皆様、ご来場いただいた皆様をはじめ「TEDxFukuokaWomen」開催にあたりご協力いただいた皆様、心よりお礼申し上げます。

また、パワー溢れるスタッフと1つのイベントを作り上げられたことを誇りに思います。

スタッフの皆様、ありがとうございました!

………

文章:齊藤麻子(Saito Mako)

・TEDxFukuokaWomen 学生スタッフリーダー

・九州大学芸術工学部画像設計学科3年


PAGE TOP