落合 陽一

1987年東京生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程を飛び級で終了し、2015年より筑波大学助教に着任。コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせ、新しい作品を次々と生み出し「現代の魔法使い」と称される。応用物理、計算機科学、アートコンテクストを融合させた作品制作・研究に従事。経済産業省Inovativi Technorogies賞&特別賞やForetune誌によるWorldTechnologyAwardなど他にも数多く受賞。研究室ではデジタルとアナログ、リアルとバーチャルの区別を超えた新たな人間と計算機の関係性である「デジタルネイチャー」を目指し研究に従事している。

PAGE TOP