下田 恒久

歯科医師/口腔外科専門医

福岡歯科大学卒後、大学院にて、口腔外科学、特に顎骨・顎関節外科、顎骨再建を専門に研究に従事。また助教授として研究指導や診療に努め、歯科インプラントのための骨移植や顎関節内視鏡、顎変形症手術を数多く執刃した。2005年に日本口腔外科学会指定施設である有床型の歯科・口腔外科クリニックを開業。臨床に直結する手術機器や医療材料の開発に努め、増骨機能のある仮骨延長型歯科インプラントで国際特許を取得、着脱自在なインプラント冠の開発で特許を取得した。全身麻酔下の歯科治療や手術等専門的な診療の場を提供し、オープンクリニックとして機器の貸し出しやインターディシプリティな治療も提供している。福岡歯科大学臨床教授も勤める。

PAGE TOP