小竹 めぐみ

フリーランス保育士

NPO法人オトナノセナカ/合同会社こどもみらい探求社、共に代表。保育士をする傍ら家族の多様性を学ぶため世界の家々を巡る女1人旅を重ねる。特に砂漠とアマゾン川の暮らしに活動のヒントを得、2006年講演開始。【違いこそがギフトである】と発信。約6年現場で働いた後フリーランス保育士として独立。NOではなくYESの発信から様々な人と共に「こどもにとって本当に良い」環境を創る為に2013年にNPOと合同会社を設立。人的環境がこどもに及ぼす影響力の絶大さに気付き、「こころ」を扱う人材共育に力を注ぐ。こどもに関わる大人が、違い(凸凹)を受け入れ自分らしく生きる為の、研修・開発・子育て支援行う。

PAGE TOP