松岡 恭子

建築家、スピングラス・アーキテクツ主宰、NPO法人福岡建築財団理事長

Kyoko Matsuoka

国内外の集合住宅を数多く手がけ、敷地の個性を引き出し、既存の枠組みにとらわれない魅力的な空間を提案、実現してきた松岡恭子氏。生活に身近な家具から北九州空港連絡橋に代表される大規模な土木構造物まで、さまざまな分野のデザインでも活躍。優れたデザインが育つにはデザイナーの努力はもちろん、それを育む土壌づくりが不可欠だと考え、日ごろ気付かずに通り過ぎている街の名建築を巡り紹介する、一般市民向けの福岡・近現代建築ツアー「MAT Fukuoka」を、2009年から主宰、好評を博して来た。続いて2011年に、NPO法人福岡建築財団を設立。建築、インテリア、グラフィック、照明などのデザインと市民を繋ぐ多彩な活動を展開している。

PAGE TOP