TEDxFukuoka 2015 登壇者紹介:廣澤 亮

全盲写真家

Ryo Hirosawa

彼は、偶発的に目が見えなくなった写真家。全盲になっても写真を撮る勘は全く失われておらず、エコロケーションとフラッシュソナーというテクニックを使って撮影し続けるやんちゃでお茶目な写真家である。リハビリと新たな出会いの中で、「World Access for the blind」の創始者であるダニエル・キッシュ氏に出会い、彼よりフラッシュソナーとエコロケーションを習得することで、音で「見る」ことができることを知って、研さんを積んでいる。

TEDxFukuoka 2015 イベント詳細・参加申込はこちら


最近の記事

PAGE TOP